ABBY


サイトはこちらから>>

 

サイト詳細

レイプ動画マニアも納得のSMサイト

 レイプとSMを融合した鬼畜サイトです。現時点では会員制ではなく単品購入専門サイトです。ABBYという名前の由来は阿鼻叫喚(地獄で悲惨な責め苦に泣き叫ぶ)からくるとのこと。サイトのテーマは「女性受難」でネチネチと徹底的にいたぶります。問答無用が表向き「快楽地獄」であるのに対し、こちらは悲壮感を強調しております。ビンビン反応してヨガりますが容赦ない責めに絶望の「泣き」が哀愁をそそります。もの悲しげなBGMが象徴的です。本当のサド向きの無修正サイトです。
 後述しますがSMチックな拷問プレイが秀逸。出てくる女性はメス豚どころか虫けら扱いですね。リアルなら犯罪です。「これはヤラセなのだ」と自分を落ち着かせようとしても、引き込まれていく臨場感がたまりません。

飽きの来ない豊富なバリエーション

 変質者(強姦魔)が女性を襲うというのがお約束事。「おどろおどろしいスケベなラインナップ」がズラリ並んでいます。変質者に拉致され強姦されまくるというのは標準仕様。ナンパされて入った部屋は強姦魔だらけだったとか、深夜のコンビニエンスストアが突然店を閉めて中にいた女が餌食になるとか、公衆トイレが女性の捕獲場所等々、エロスとともに突っ込みどころが満載で飽きません。こういうエロ面白い工夫はメス豚に通じるところがありますね。
 シチュエーションや道具の工夫も怠りません。黒人達のリアルダッチワイフにされるとか、バケツを使った珍しい逆さ吊り水責めや、メス豚でもよく登場した睡眠薬レイプ等々手を変え品を変え、そこにSM風味を効かせて提供しています。ただしSM道具は主菜ではなくあくまで副菜として使われているところがミソです。例えば改造電動工具三角木馬でジワジワいたぶる責めのシーンは、痛さよりもむしろ「女性としての屈辱感」を上手に引き出しております。言葉嬲りの部分・SM的な技巧のいずれも上等です。美人もボンテージマスクを付けてSEXをすると変態女に見えるとか、猥雑に散らかった和室で女体の卑猥さを緊縛でデフォルメしながらマンコにコケシを突っ込む等々、和洋異なるエロスの見せ方が上手。正に鬼畜動画を「知り尽くしている」感じです。

撮影へのこだわり

 前述のとおりABBYはアイデアの宝庫でハズレなしです。どの作品から見ても安心して楽しめます。これは監督のバロン辻村はじめスタッフが優秀だからでしょう。緊縛師を外注するにしても一流の職人しか連れてこないですね。作品へのこだわりが感じられます。
 撮影で使われる大道具や小道具のほとんどが本物SMクラブで使われている業務用です。下からのオマンコ責めに適したパイプ製の固定具とか、吊るしプレイの機材、年期が入った味わい深い木製スケベ椅子など、アマチュアでは実現できないプレイが見られるのも魅力です。他のレーベルでは見られないオリジナルの器具類も見所の一つです。

出演モデル

 AV女優のほかに素人モデルも出演しています。スタイルの良い女性しか出演しません。ルックスについてはメス豚と同様にBクラス越えは確定です。基本は「Aクラス」といった感じでしょうか。「犯され顔」がそそられる女の子が不思議と多いですね。SMというと美人は出てこないのが相場ですけれど、ABBYにおいてブスは採用されません。最近は売れっ子女優や素人サイトで人気のモデルを採用するケースが目立っております。

 特に素人は天然むすめの経験者が多く、ABBYに出た後で引退するケースが目につきます。普通の無修正AVに出演してさらにABBYでもう一稼ぎするというパターンでしょうか。ABBYのようなハードSMに出るということは世間的には「羞恥の極み」ですから、名前を変えてわからないようにする方が多いようです。

女性の嫌がる様子をエロエロに描写

 女性の嫌がる性行為に命を燃やしているというか…ABBYに聖域はありません。この手のサイトでオマンコ虐めは当たり前のことなので、それ以外のテーマについても解説していきます。

アナルレイプ

 一般的にアナルセックスに拒否感を持つ女性はとても多いです。AV女優でさえも「アナルだけは絶対に駄目」というのがざらです。強姦動画のシチュエーションとして、女性が嫌うアナルセックスの強要というのもたまりませんよね。

 ABBYは激しいオマンコ責めとともにアナルへのこだわりが強いです。アナルは初めてという素人モデルも容赦しません。アナル拡張・注入&排泄で、女体をアナル付きダッチワイフに無理やり改造します。使えるようになった後はアナル輪姦。入れ代わり立ち代わり、使用後は穴がポッカリ開いたままになるほど使い込みます。その一部始終がサド好みの味付けで表現されているのが特徴です。

黒人出演・極太バイブなど


黒人達のリアルダッチワイフ

 黒人が出演する動画はけっして珍しくはありません。ただ、ABBYの黒人動画は他とちょっと異なる点があります。

 黒人男優との共演をNGにしているAV女優は意外に多く、その理由は肉棒が普通サイズのオマンコには太くて長すぎるからです。なので普通のアダルトサイトでは制作側が女優側(プロダクション)の同意を得るために、同じ黒人でも日本人男性サイズの男優を出演させることも多いようです。
 ABBYの場合、黒人動画は数本あってそのどれもがビッグサイズの本場黒人男優を起用しています。実際のプレイでは女優の都合なんか無視している感じです。上の動画では4Pさせてしまったので、女優は休むことなくオマンコが壊れそうになるくらい付き合わされました。女性上位なんか超絶ですよ。撮影後半では女優の精神状態は惨憺たるものです。
 ABBYの黒人動画がハードである特徴として、挿入のほかに無遠慮なイラマチオが挙げられます。問題なのは黒人の肉棒が大きすぎて喉まで突っ込む形になることです。気道が塞がれるぐらい深く突っ込んでいますね。ABBYには首絞めプレイもありますので普通のアダルトサイトとは違った意味の趣向(窒息プレイ)を狙ったものと見受けられます。
 ところで極太バイブ・極太ディルドでイラマチオするのはABBYにおいてよくあることです。黒人動画の数が少数にとどまっているのは言葉が通じにくく加減を知らない「黒人を使うリスク」を考えてのことかもしれません。

ABBY動画の変遷

 どんどんエロくなるABBYの歴史を配信順に辿っていきます。

デビュー⇒本格SMから始まった。
喪服姿で受ける屈辱プレイ 借金が払えず体で払うハメに 電動工具でマンコ拷問地獄

 ABBYのデビュー作。夫を亡くした美しい未亡人が喪服姿のまま鬼畜のターゲットに。SMセックスの相手をさせられます。荒縄・ローソクの扱いは本格的。さらに首絞めなどマニアックプレイも見どころです。
 この女性はスリムで引き締まった体をしています。なので小ぶりなオッパイを洗濯バサミで摘ままれる責めがサドっぽくて個人的にはツボでした。

 

 

 熟女を和風レイプ。自宅の和室で猥雑に犯されます。ちょっと昭和の香りが漂うような民家がイイ味を出しています。使い込まれたマンコにコケシ(人形)をぶち込みローソクを垂らして、SMマニアの玩具として扱われます。強烈なSMにより人格が壊れてしまい、絡みではビクンビクンと反応しまくり慰み物にされます。

 

 

 3作目にしてマンコ責めに重点を置くようになったことが覗えるスケベな作品です。改造電動工具(マシンバイブ)が登場してやることなすことハードなオマンコ責めばかり。オマンコフェチにはたまらないですね。オマンコ責めへのこだわりが昔の東熱を彷彿させるようで当方もファンとなりました。内視鏡カメラ付きディルドがナイスです。女優は綺麗どころのキカタンでイイ身体していますよ。尻の形が最高!!

 

 

強姦路線に舵を切る。⇒過激さが売り物
深夜のコンビニ過激輪姦 マンコとアナルを交互に犯す 変態拷問プレイで窒息寸前

 この作品は女優の命である顔を殴る(NG行為)というハードな作品で驚かされました。女優にとってみれば強姦そのものと言ってよいでしょう。屈服させてやりたい放題犯す・・・。電動ドリルバイブで肉ビラがブルブル震え、痛がって叫んでも容赦しない責めが果てしなく続きます。女優は普通っぽい人妻タイプで本物感があり怯える顔がとても素敵でした。
 この作品から深夜のコンビニシリーズが始まり内容がどんどん過激になっていきます。一線を越えた作品と言ってもよいでしょう。

 

 

 出す作品がことごとくヒットして、とうとうカリビアンコムや一本道にも出ている売れっ子女優ちゃんを使うまでになりました。始めは睡眠薬レイプ。眠らされて全裸に剥かれダッチワイフのように弄ばれます。気が付いてからの展開も良い。エグゼクティブチェアーに卑猥な格好で開脚固定され、嫌がりながらエロエロに犯されます。ローソクなどSMに付き合わされアナルセックスされる人気AV女優。

 

 

 大がかりな器具を備えた専用スタジオが使われるようになった最初の作品です。 立派な設備に見劣りしないABBYスタッフの仕事ぶりは大したものです。吊りやスケベ椅子など卑猥な器具を駆使した充実のSMが見られます。ABBYに出てくる女の子はスタイルが良い細身の娘が多いです。この子は華奢な体つきの従順そうでおとなしめで典型的なABBY好みの女の子ですね。呼吸を封じられるほど顔面に水責めならぬ大量のローション責めのほか、マシンバイブではマンコが壊れるぐらい突きまくられます。拷問的なプレイが目立つようになったのもこの頃からです。

 

 

拷問プレイの多様化⇒プレイや出演女優がどんどん変わっていく。
三角木馬と逆さ吊り拷問 黒人達のリアルダッチワイフ 謎の大仏仮面集団

 導入部では看護婦コスプレなどちょっとした小技も利かせつつ、マシンバイブ責めなどABBYワールドに引き込まれていく展開です。スタイルが確立しいよいよ充実期に入りましたね。
 拷問プレイが定番になり首絞めとかスパンキングなど内容も多彩です。本作品も拷問のセットメニューをネチネチと展開しています。女優はSMプレイからレズビアンまで器用にこなす真正ドMの佐藤かなちゃんでABBYとの相性がぴったりです。

 

 

 男優に黒人が採用され黒人シリーズが始まったのは、これとは別の作品で「究極のデカチンイラマ地獄」からでした。本作品は「メス豚で定番だった女優」を連れてきて撮ったものです。全体的に「俺たちならこう撮る」という意気込みが感じられます。
 やはりABBYが制作すると過激さが半端でありませんね。出演する黒人のペニスは全てデカマラな極太ロングサイズです。メス豚では黒人物はほとんどなかったですし、ABBYのような「窒息しそうなイラマチオ」なんてありえませんでした。
 本番では超絶肉棒の輪姦尽くしで、手練れの女優なれども人格崩壊。あまりにも強烈な突き責めでオマンコが壊れそうなのに逃れられない悲痛な叫びが聞こえてくる必見の作品です。

 

 

 美形女優を使った渾身の作品。SM風味を加えながら絡みでも楽しませてくれます。無表情な大仏の面が不気味で監禁凌辱の恐怖感が伝わってきます。天然むすめでは千歳ゆきのと名乗っておりました。そちらの作品を見た後で当作品をご覧いただくとあまりの落差に呆然とすることでしょう。アニメコスプレ好きだそうですが、JKコスプレさせられて三角木馬に跨らせられます。口を開けて舌の上にローソクを垂らされ泣き叫びます。天井から逆さ吊りにされて水責め。山形から上京した美形素人がAV出演する成れの果てが覗えます。

 

 

普通ではないアナルセックス
浣腸責め・アナルに極太チンポ 学校帰りの女子校生輪姦 マングリ返し大量浣腸地獄

 この時期から大手アダルトサイトの出演女優が頻繁に見られます。沖縄出身のこの女優は大手では売れませんでした。が、ABBYの手にかかるとまるで水を得た魚のように生き生きと再生しています。生意気そうなルックスをしているのに、嫌がりながら屈服させられ凌辱を受け入れる表情が絶品です。首輪をつけて雌犬のように連れまわされ犯される様は「堕ちたビッチ」です。
 ABBY作品はアナルプレイが多いのも特徴の一つですが、本作品はめっちゃアナル三昧で堪能できます。牛乳はじめ多種多様の液体をシリンダで注入されてさながら人体実験。赤ちゃんのように両膝を抱えられオマンコも尻の穴も丸見えの卑猥なポーズ。自分の意志に反してブブブーっと排泄しなければいけない屈辱の表情が最高です。

 

 

 まずこの子はとても可愛いです。他作品にも出ていますが、ワケありでいろいろな名前を使っています(下の名前で検索してみてください)。黒髪が似合いますけれど茶髪の時期がありました。
 本作品では例のコンビニシリーズでオマンコを目いっぱい弄ばれています。清楚な美マンをしていますよ。ビラビラも膣口も整った形でしゃぶりつきたくなります。この男優はクンニ上手ですね。ユーザーがやりたいことを代わりにやってくれている感じ。コンビニシリーズは美マン晒しが一つの見どころなのかもしれません。
 ABBYの改造電動工具にはドリル型とピストン型の二種類があります。コンビニシリーズでは必ず両方使っていますね。本作品では美マンが壊れそうになるくらい激しく掻き回され女の子が泣いて助けを懇願します。臨場感ありますのでおススメです!

 

 

 この時期、ABBYのアナルへの執着は最高潮に達します。「アナル拷問」という新ジャンルを開拓しているかのごとくですね。その極め付けがこの作品。お腹いっぱいになるほど大量注入できるシリンダが定番で、注入しては排泄させアナルは腫れ上がり苦しんでいるところ何度も繰り返します。生卵や牛乳はじめ色々な液体をおかわりさせられます。逆さのまま肛門から噴水のように噴き上げ汚物まみれになります。女優の人権を無視するかの如くの鬼畜さです。
 この娘、天然むすめでは「極上ビキニ美人と青姦!」という海辺でデートする明るい動画に出ていたんですよ。キュートで可愛いイメージで…。その扱いのギャップがたまらなくイイんです。

 

 

オマンコ責めへのこだわり⇒さらに過激に
逆さ吊り水責め・拷問セックス 可愛い美マンが崩壊寸前に 美人OL捕えられ猥褻拷問

 この娘はAV女優でルックスもスタイルも性格まで良くて、 彼女にしたくなるようなとっても素敵なイイ子なんですよ。それがABBYで拷問セックスさせられます。ローソク・ドリルバイブ等々定番の鬼畜メニューが敢行されて、クライマックスは逆さに吊るし上げて水を貯めたゴミバケツに頭ごと漬ける水責めプレイ。
 ちょっとかわいそうな気もしますが、好きな女優だけに「こういうのが見たかったんだ!」と納得の一品でした。

 

 

 マンコを玩具としか思っていない鬼畜の所業が楽しめます。しかも女優は童顔系でそういうプレイがよく似合いますね。
 キュウリをマンコの奥まで差し込みイボイボピストン挿入。突っつきまわしたり電動ドリルバイブもすこぶる快調に長時間のマンコ虐めをしています。マンコ拷問という表現がしっくりくるのではないでしょうか。この女優は見事な美マンなので、特にオマンコをじっくりいたぶったのでしょうか。クンニも長めで舌を入れて味わい、感じさせかたにもこだわっています。

 

 

 コンビニ店内で嫌がりながら輪姦されます。この女は美マンでビラビラが卑猥です。ドリルバイブでビラビラがプルプル振動している様子がエロ面白いですよ。
 コンビニシリーズは照明が明るくてオマンコを見るには適しています。膣口を覗くアングル用のスチールパイプ器具はABBYオリジナルと思われます。玩具を駆使されてヒクヒク艶めかしいオマンコの拡大映像がたっぷりあります。オマンコフェチには特におススメしたいですね。

 

 

尽きることのないアイデア
美少女を公衆便所で捕獲 まるで「けっこう仮面」のイイ女 女房みたいに好きなだけ犯す

 この子は天然むすめで人気の可愛い娘。 公衆トイレで変質者に襲われて強姦されるという美味しいシナリオです。薬で眠らされ肉人形のように弄ばれたり、手足を封じられ抵抗できないまま犯されたり抜きどころ満載です。何せスタイルが良くて顔が可愛いですから何杯でもイケてしまいますよ!レイプ動画向きの素人モデルだと思います。
 見所は他にもいろいろあって、例えば素人にはつらい強烈なアナルセックスが見られます。マンコにバイブが挿入されているのに、手が使えなくて外せないとか・・・、垂れるローソクを避けることができない恐怖など感情移入しやすい映像で見応えがあります。
 「襲われるトイレ」はABBY自作の撮影セットで、覗きカメラの盗撮風アングルが面白いです。本作品ではいつものSMスタジオではなく、以前によく使っていた民家スタジオを使った撮影です。違った臨場感があって楽しめました。

 

 

 この娘はマスク被っているからわからないでしょうけれど、美人で凄いイイ身体をしています。コチラの動画をご覧ください。抱きたくなること必至です!本作品でボンテージ付けているのがもったいないくらいです。ただ、イイ女があえてマスクを付けさせられているのも、けっこう仮面みたいで中々よろしいものですよ。黒マスクもピンクマスクも抜けます。使い込まれた卑猥なマンコを晒しながら顔はマスクを付けている、正に「顔を隠して身体隠さず」です。

 

 

 変質者の部屋に監禁される女。犯したいだけ犯しまくるという肉便器状態。強制的に足を開かされる拘束具で身動きできず、電マやローターで性器を弄ばれます。この女優は他サイトでは人妻熟女系で登場することが多いです。尻コキエステ嬢とか夫とセックスレスで性欲みなぎる痴女とか、エロい役が多いですね。それだけに望まぬレイプの犠牲者になるシチュエーションがそそられます。「セックスしたくない痴女」を犯すってイイ感じじゃないですか?

 

 

他の鬼畜サイトとの比較

ABBYより過激な鬼畜サイトはありますか?

 現状の無修正サイトの中ではABBYが最もハードです。無修正SMの代表格だったメス豚(現在は閉鎖)よりもさらにハードです。
 過激で知られる問答無用と比較してもABBYのほうが過激です。問答無用には水責めとか殴打とかありませんから。ちなみにモデルの質は両者とも同等です。問答無用はABBY好きの方ならきっと好きになるものと思われます。問答無用の後期作品はマンネリ感があるので解説記事で取り上げている初期作品のみおススメいたします。
 エロエロ度は昔の東熱と同等ぐらいですね。東熱の昔の作品はみんなエロエロですので見る価値が高いです。ABBYはそれと同等という意味になります。

ABBY / レイプとSMを扱う鬼畜な無修正サイト。
サイトを見る

トップへ戻る